四天王寺で「野沢菜伝来記念碑」レプリカの除幕式 天王寺蕪が起源

あべの経済新聞

【大阪・天王寺】四天王寺で節分の日の2月3日、天王寺蕪(かぶら)が入った「天王寺かぶら汁」が振る舞われた。節分の日に干し蕪が入ったみそ汁と麦飯を食べるのは、無病息災・厄よけ開運を願う古くからの習わしで、四天王寺では2015年から行われている。この日は野沢菜の起源が天王寺蕪だとする「野沢菜伝来記念碑」のミニチュアレプリカの除幕式も開かれた。野沢菜伝来記念碑は四天王寺に昨年11月、野沢温泉村が建立。レプリカは三つ作られ、一つは野沢温泉村に贈られた。(2017年02月07日)

関連記事を読む

動画ニュース一覧

さらに読み込む

アクセスランキング