なんば高島屋で振り袖フェア 目玉にチョコレート柄振り袖

なんば経済新聞

【大阪・中央】高島屋大阪店(難波5)で2月7日、「春の振袖フェスティバル」が始まり、目玉として「チョコレート柄振袖」が登場した。板チョコ柄の着物に、下部分に金箔の包み紙をプリントし「板チョコらしさ」を表現。呉服売り場主任の佐々木舞さんが、同店で行われるバレンタイン催事「アムール・デュ・ショコラ」の来場客の多さから、「チョコを目当てに来た人も、チョコレート柄の振り袖なら興味を持ってもらえるのでは」と考案したという。そのほか、6階着物売り場では高島屋オリジナル振袖「誰が袖好み」など約300点の振り袖を展示・販売し、1階イベントスペースでは、バーチャル試着体験や髪飾りの製作体験などのイベントを行う。営業時間は10時~20時。2月13日まで。(2018年02月07日)

関連記事を読む

動画ニュース一覧

さらに読み込む

アクセスランキング