横浜駅東口で「ピンクシャツデー」キャンペーン

ヨコハマ経済新聞

【神奈川・横浜】ピンクシャツデー2018神奈川推進委員会は2月28日、神奈川県でもピンクシャツデーを広めようと「横浜東口そごう前ひろば 新都市プラザ催事スペース」でイベントを開催した。ピンクシャツデーはカナダで始まったいじめを止める運動で、今では世界70か国以上に広がっている。2007年、カナダの高校で男子生徒が着ていたピンクのシャツをからかわれ、暴行を受けました。その話を聞いた上級生の2人による発案で、みんなでピンクのシャツを着たりピンクの小物を付けて登校していじめを止めた。キャンペーンソングを作った「N.U.」によるミニコンサートやプロの声優による朗読劇などが行われた。また、自殺した子供達の遺書が読み上げられ、いじめ被害の深刻さを共感させた。横浜市立領家中学校のブラスバンドよる演奏も行われ、同中学校の生徒会の生徒がいじめについて意見表明した。(2018年03月03日)

関連記事を読む

動画ニュース一覧

さらに読み込む

アクセスランキング