大井町の夏祭りに拍手ロボット登場

品川経済新聞

【東京・品川】大井町駅前で8月25日から26日まで「第64回 大井どんたく夏まつり」が開催された。25日の盆踊り会場では、品川区が導入する「ビッグクラッピー」が登場した。同製品は、拍手機能や人の動きを感知する機能を持つロボット。バイバイワールド(荏原3)が開発・販売する。品川区が今年度から認定を始めた社会貢献製品支援事業のひとつに選出された。当日のステージでは、演歌歌手・岩本公水さんの歌う「品川音頭2017」に合わせて、ビッグクラッピーが手拍子を披露。品川区地域振興部の山崎修二さんは「品川区の様々なイベントでの活躍を期待している」と話す。(2018年08月28日)

関連記事を読む

動画ニュース一覧

さらに読み込む

アクセスランキング