門司港駅に「スタバ」「みかど食堂」オープン

小倉経済新聞

 門司港駅の「スターバックス門司港駅店」とレストラン「みかど食堂 by NARISAWA」が3月10日、グランドオープンする。7日、報道陣向けに店内を公開した。

 門司港駅は1988(昭和63)年、駅舎として初めて国指定の重要文化財に指定された。広報担当者によると「スターバックス」の店舗が重要文化財内にオープンするのは4店舗目で、重要文化財の駅舎内に開業するのは初めて。店舗面積は約130平方メートル、店内とテラスを合わせた席数は48席。

 「みかど食堂 by NARISAWA」は、1981(昭和56)年まで営業していた高級食堂を、レストラン「NARISAWA」(東京都港区)のオーナーシェフ・成澤由浩さんの監修によって再現するもの。「西洋と日本の食文化が融合した懐かしい料理、大正時代の駅舎に復元された重要文化財で味わう上質な雰囲気」(広報担当者)をコンセプトに、成澤さんが地元の食材を使ったメニューを提供する。店舗面積は約150平方メートル、席数は50席。(2019年03月08日)

関連記事を読む

動画ニュース一覧

さらに読み込む

アクセスランキング